便秘に効くお茶ランキング HOME » 目指せ美腸!本気で便秘を改善させるためのお茶の選び方 » 便秘を解消するには腹筋体操が効果あり!

便秘を解消するには腹筋体操が効果あり!

便秘にはいろいろな原因が考えられます。原因のひとつが腹筋の衰えです。時間がなく、スポーツをしない人に便秘が多くみられるのはそのためです。老人で便秘に悩む人が多いのも、このためで、歳をとるとだんだんと筋肉が弱まり、腹筋も衰えてくるため便秘が増えてきます。つまり、腹筋を鍛えれば、便秘にも効果があるということです。

日本農村医学会学術総会抄録集「腹筋運動による便秘改善」にもあるように、腹筋を動かすことによって、便秘を解消することが可能です。もちろん、便秘の解消が目的で腹筋を鍛えるのですから、シックスパックになる必要はありません。ですから、安心して腹筋体操をしましょう。

参考:日本農村医学会学術総会抄録集2010/03/19『腹筋運動による便秘改善』

便秘の種類と体操

まず、便秘の種類を見て、ご自分の便秘の種類はどのようなものかを確認してください。便秘の種類で効果のある方法は変わってきます。便秘には大きく分けると、腸管などにガンなどの病原があるために起きる、器質性便秘と、病気などの原因からではない機能性便秘がありますが、ここでは機能性便秘のみを見ていきます。機能性便秘には、厚生労働省e-ヘルスネット『便秘と食事』にあるように便秘には、弛緩(しかん)性便秘と痙攣(けいれん)性便秘、そして直腸性便秘があります。

参考:厚生労働省e-ヘルスネット『便秘と食事』

弛緩性便秘

日本人では一番多いタイプです。原因としては、忙しくて十分な食事をしていない、ダイエットそして慢性的な運動不足など。そのようなことから腹筋が低下し、大腸の運動も弱まり、便を押し出す力がないために便秘になっています。常に、お腹が張っている状態が続きます。

痙攣(けいれん)性便秘

自律神経系の問題により、大腸が痙攣して便が出にくい状態になっています。不定愁訴などの、原因不明の悩みが常にあることも特徴です。原因はストレスの多い生活をしていることです。うさぎのフンのような固くてコロコロした状態の便が時々出るのが特徴です。そして、しばしば下痢を伴います。

直腸性便秘

排便したいという気持ちがほぼ感じられない状態がずっと続く便秘です。

弛緩性便秘には、腹筋運動が効果的!

日本人の便秘で悩む人の7割が弛緩性便秘であると言われています。それでは、簡単な腹筋運動を紹介しますから、試してください。

腹筋体操はテレビを見ながらでもできますから、毎日繰り返しましょう。床がふわふわの絨毯なら必要ないかもしれませんが、ヨガマットを置いてした方が床にあたる部分が痛くなく、楽にできます。また、毎日やっていると床に当たって痛い部分があざになってしまうかもしれないので、少なくともバスタオルなどを敷いた方が良いでしょう。

普通の腹筋運動

仰向けになって、両腕を頭の後ろにつけて上体起こしをします。無理に起きる必要はありません。頭が床から10センチくらいしか上がってない状態でも問題はありません。無理に起き上がると腰に負担をかけますし、疲れてしまって続きません。それより、わずかに上がった状態でも、それをキープしたまま、10秒くらいじっとしている方が腹筋が鍛えられます。

足上げ体操

仰向けになって、足を床から30センチくらい上げた状態で10数えます。これも普通の腹筋運動同様、テレビを見ながらでもできますね。

自転車こぎ

仰向けになって、足を上げ、自転車こぎをします。ダイエット効果もありそうですよね。

プランクポーズ

プランクポーズはうつ伏せの状態で肘をLの字型に曲げて、つま先を床にあて、お腹を地面から離します。ヨガから派生したポーズで、腰に負担がかからず、腹筋が鍛えられます。腰がちょっと弱めの人には、このプランクポーズがおすすめです。

体を動かすことはストレス解消にもなるので、ストレスによる便秘の人にも効果があるようです。

便秘茶ランキング

Best3
※全て初回価格

便秘解消に
オススメ!

2位

デルモッティ

成分数
23種類
1,836円

公式サイトへ

1位

モリモリスリム

成分数
23種類
380円

公式サイトへ

3位

デルバラスリム
ビューティ

成分数
21種類
500円

公式サイトへ

PAGE TOP