便秘に効くお茶ランキング HOME » 目指せ美腸!本気で便秘を改善させるためのお茶の選び方

目指せ美腸!
本気で便秘を改善させるためのお茶の選び方

便秘解消効果を期待できるお茶の選び方を解説。商品を選ぶ上で外せない3つのポイントをご紹介します。

Point1:便秘解消効果のあるお茶は成分数が重要

便秘になる原因は、ストレス、過剰なダイエット、運動不足、食物繊維不足、腸内環境の悪化、水分不足、冷え症、便秘薬の使いすぎなど様々です。また、複数の要因が重なって、慢性的な便秘を引き起こしている場合も多くあります。だからこそ、様々な便秘の原因にアプローチするためには、成分数の多いお茶を選ぶことが大切です!

また、便秘解消に良いお茶と一口に行っても、配合成分やその作用は多種多様。便秘改善には、食物繊維が豊富なキャンドルブッシュや玄米、カテキンの多い緑茶やほうじ茶、酵素・マグネシウムが含まれるプーアル茶やルイボス茶などが、複数ブレンドされているお茶がオススメです。

重要なのはココ!便秘改善効果が期待できる成分数

上記ページでは、話題の便秘茶3アイテムの成分数と配合成分を比較しています。便秘解消効果の高い成分がたくさん入っているお茶はどれ?

Point2:やっぱり気になる安全性

便秘改善効果が期待できるお茶の多くは、自然植物のみを原料にしています。自然植物による便秘解消は、古来より行われてきたもので、歴史的に見ても有効かつ信頼性の高い方法だと言えるでしょう。便秘の苦しみから解放されるだけでなく、お通じの改善によって美容・健康を保つことにもつながります。

便秘薬のような強い副作用の心配もなく、気軽に毎日飲めるのが便秘茶の魅力ですが、商品の安全性をしっかりと確認することも大切です!お茶を選ぶ際には、原料の産地、残留農薬検査の実施状況、製造地、製造過程の品質管理などを、調べられる範囲でチェックしておきましょう。

安心して使いたい!気になる安全性

上記ページでは、便秘改善効果が期待できるお茶5商品の安全性について調べてまとめています。毎日安心して飲める安全性の高いお茶はどれ?

Point3:最後の決め手はお値段

慢性的な便秘やひどい便秘にお悩みの方も多いですし、気軽に毎日飲み続けられるように、手頃なお値段かどうかも見過ごせないポイントです。内容量(何日分か)や費用対効果も考慮して、これはお得!というお茶を選びましょう。また、通常価格だけでなく、お得な初回価格もチェックしてみてください。手頃なお値段でお試し日数も丁度良い、初回限定の少量サイズが用意されている商品もあります。まずは初回価格を利用して、気になるお茶を試してみてはいかがでしょうか?

プチプラで費用対効果もバツグン!?気になる価格

上記ページでは、話題の便秘茶2アイテムの価格と内容量を比較しています。まずは手軽に始められる初回お試し価格を要チェック!

Point4:便秘の原因を把握して、適切な対処をしよう

便秘という言葉はよく聞きますが、原因や体質によって症状や対処方法は変わります。環境の変化によるストレスであったり、運動不足であったり、大腸の運動能力といった体質であったりひとによってさまざまです。自分の原因は何か、またどういった対処をすべきなのか確認してみましょう。

原因の見極め

Point5:便秘の解消に効果的な食べ物を具体的に紹介

便秘の解消には、食生活の改善がとても大切です。毎日食べる食事に、つらい便秘の症状を和らげるのに効果的な食べ物を積極的に取り入れましょう。便秘の解消には一体どんな食べ物がいいの?オススメの食べ方は?今日から取り入れられる便秘解消のノウハウをご紹介します。

便秘の解消に効果的な食べ物を具体的に紹介

成分数や安全性、価格で比較して、総合評価の高いお茶がオススメです。また、飲用者の口コミや体験談も、効果や飲みやすさなどを比較する上で参考になります。ぜひチェックしてみてくださいね!

本当に便秘に効くお茶はどれ?3つのポイントで比較ランキング

 

便秘茶と下剤・便秘薬の特徴を比較

自分が便秘で悩んでいることをなかなか人に言えない女性は多いものです。調査によれば女性の約48%、2人に1人は便秘のトラブルで悩んでいるという結果が出ています。

便秘の原因はストレスや不規則な食生活、冷え性、運動不足などさまざまです。パンやお菓子しか食べず、煮野菜などの食物繊維を十分に取らない人も便秘になる確率が高くなります。極端なダイエットをしている人も便の量が少ないので便秘になりがちです。

この便秘は最初のころは便秘薬を服用すればかなり改善しますが、便秘薬というものは腸に無理やり蠕動運動を起こさせて便通を促すものも多く、ずっと飲み続けているとだんだん効かなくなってきますので注意したいものですね。中には腸内の善玉菌を減少させてしまうものもあり、気がついた時には腸に相当なダメージを受けているようなことも。

加齢や運動不足などで腸の蠕動(ぜんどう)運動が衰えている場合には腸管運動を活発にする便秘薬が処方されますが、このタイプの薬は神経系統にも作用するため次第に効果が薄れていき、より強い薬を飲まなければ効かないという悪循環に陥ります。

また大腸壁が腸内の水分を吸収するのを阻害するタイプの便秘薬もあり、便を柔らかくして排出するのを助けますが、水分のコントロールがうまくできないと下痢になってしまいます。

薬というのはある一点は治しても他の部分に副作用が出てくる傾向が強いので、そういった心配のいらない自然由来の便秘茶を飲むのがいちばんですね。

便秘茶には便秘薬のように「飲んですぐ効く」という性質はありませんが、消化を良くして腸内の環境を整え、無理なく便通を促していく効果があります。薬のように強い副作用もないので安心して飲めるところもメリットと言えます。

便秘改善に期待

便秘にもいろいろなタイプがあります。朝早く起きてオフィスに通うため慌ただしくゆっくりトイレに時間をかけれません。そのため、平日は便通がなく、週末に便秘薬を飲んで解消しようとする「週末トイレ症候群」はかなりポピュラーですが、この他に毎日浣腸をいくつも使わなければならない「ストレス性便秘」などもあります。いずれのケースも薬に頼るのをやめてナチュラルな便秘茶にすることによって便秘ばかりか全身の体調も改善されてきます。

また、便秘茶だけではなくて便通を良くするマッサージやエクササイズなども合わせて行うことでより安全に体調を整えていくことができます。エクササイズとしては汗を大量にかいて水い分を失うエアロビクスなどといったハードなものよりも、ピラティスやヨガのようにインナーマッスルを鍛えていくタイプのものがぴったりですね。できれば週に2回、忙しい人は1度でもいいのでレッスンに通って下腹部の筋肉などを充分に鍛えていけば便秘解消の助けになります。

さらに夜眠る前と朝起きた時に腸周辺のマッサージをすれば万全です。マッサージといっても5分もかからない簡単なものが多いので、ぜひ毎日の日課に取り組みましょう。また、毎日同じ時間にトイレに行く習慣をつけることも大切です。朝食の後は忙しいかもしれませんが、便意がなくても5分間はトイレでリラックスタイムを取る習慣をつければ、そのうち身体が反応して便秘が解消されていきます。

翌朝スッキリしたいなら便秘に効く茶がおすすめ!

最近は効能の優れた便秘茶がいろいろと市販されていますので、コーヒーや紅茶の代わりにぜひ試してみたいものです。便秘茶の中でも特におすすめなのは数多くの成分が配合されているタイプです。キダチアロエとキャンドルブッシュ、カワラケツメイはお互いに作用し合って効果的に便秘を治してくれるので、この3つが入っているお茶を探すといいでしょう。

腸内の悪玉菌を退治してくれるルイボスも便秘茶に欠かせない成分のひとつです。ルイボスにはマグネシウムやミネラルがたっぷりと含まれており、便秘を穏やかに解消してくれます。アンチエイジング効果と美肌効果も高いので、便秘で吹き出物がある人、お肌がくすんでツヤのない人はこのルイボスが配合されているお茶を選ぶのがポイントです。

便秘茶を選ぶ際には成分と共に品質面にも留意することが大切です。確認するポイントは国内生産であるかどうかということ。日本国内の食品基準と海外の基準にはかなりの違いがありますので、生産の過程で農薬や薬品が大量に使われていない国産品を使用している製品を選ぶことを心がけたいものです。

残留農薬検査が済んでいるかどうかもしっかりとチェックしましょう。お茶に使用する葉っぱは乾燥させることによって残留農薬の濃度が高くなることがあります。特に海外から輸入された茶葉にはかなりの濃度の残留農薬が検出されることも稀ではありませんので、便秘茶を買う時には必ず「残留農薬検査済」と明記されているものを選ぶようにしましょう。

私たちは便秘茶などの健康食品を購入する際に成分と価格だけを問題にしがちですが、実はこういった品質管理のきちんと行われている商品を選ぶ賢い消費者になることが何よりも大切なのです。便秘茶の中には初回だけお得なお試し価格で購入できるものもありますので、ぜひ利用してその効果を実感してみてください。

お茶で便を柔らかくする

便秘で悩んでいる女性はかなり多いものですが、お通じをよくしようとして便秘薬を飲むのはかえって逆効果になることも。便秘薬の弊害を避けて便通を改善するためにおすすめなのはいろいろな成分が配合されたお茶です。お茶は薬とは違いますので自然な形で腸内の環境を整備し、便秘を穏やかに解消していきます。

便秘改善に役立つお茶は玄米茶や緑茶、ほうじ茶、プーアール茶、ルイボスティーなどです。いずれも手軽に手に入るお茶ですから、今すぐにでも便秘改善を始めることができますね。

日本で昔から飲まれている玄米茶には食物繊維がたっぷりと含まれており、腸内の水分をキープして便が硬くならないような工夫をしてくれます。また自律神経を整える働きの高いビタミンEもバランスよく配合されているので、腸の蠕動運動を高めて便を出しやすくしてくれます。いつも食後はコーヒーか紅茶で済ませているという人は、玄米茶に切り替えてみれば気分もほっこりして便秘の辛い症状が改善しますよ。

便秘というのは消化された食物が大腸の中に長くとどまり、なかなか外に出ていかない状態です。大腸の中で停滞した食物はどんどん水分を吸収されて硬くなり、余計に便通が悪くなってしまいます。このため、腸の蠕動運動を促してあげる成分を摂取することが大切になってくるのです。

よく、便秘の改善には食物繊維をたくさん摂るといいという話を聞きますが、不溶性食物繊維の多い食品をいたずらにたくさん食べてしまうと消化が悪くなり、かえって便秘を悪化させてしまう可能性も。その点、食物繊維をお茶という水分の形で摂れば吸収がしやすくなるのでより高く確実な効果を得ることができます。

そういった意味では大腸を刺激する効能のあるキャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)や便の水分量を増やしてくれるキダチアロエ、腸内の悪玉菌を排出する効果に優れたルイボスティー、腸内環境を改善する役目を果たすオリゴ糖を豊富に含むヤーコン葉などといったさまざまな成分が入ったお茶を飲むことも便秘解消につながります。

便秘薬は緊急時にのみ使う

便秘が続くとつい便秘薬に頼ってしまうという人も多いですよね。でも便秘薬というのは最初の頃は効きますが、身体に耐性ができてくるといたずらに腸を刺激するだけで悪玉菌が増えてしまうことが多いものです。この状態が続くと便秘が改善されないばかりか大腸に大きなダメージを与えてしまう危険性もあります。また、腸内の環境が悪化することによって栄養分を充分に吸収できなくなり、健康なお肌をキープできなくなるといったマイナスの副産物も出てきます。

ですから日頃から便秘を改善するお茶を飲む習慣を付けることが大事。1日に何杯もコーヒーを飲んでいる人はそのうちの数杯を便秘解消効果のあるお茶に替えることによって便秘になりにくい体質作りをしていくことができます。

そしてお腹が張って苦しい時だけ緊急手当として下剤効果の高い便秘薬を頓服(とんぷく)するようにすれば腸にもそれほどダメージを与えることがありません。

便秘解消に効くお腹のマッサージ

便秘をさらに改善していくためにはお腹にマッサージをするのも効果があります。便秘の原因にはストレスや運動不足、冷え性、水分不足、そして過剰なダイエットなどが考えられますが、この他に腸の一部がねじれている、あるいは「落下腸」などといった腸の形状が原因になっていることもよくあります。落下腸とは大腸のほとんどが骨盤の下まで落ち込んだ状態のことです。立ってみて下腹だけポっこりと出ている人はこの落下腸の可能性もありますので一度チェックしてみましょう。

落下腸の人には腸を持ち上げるマッサージが有効です。まず仰向けに寝た状態で膝を立てます。この時、両足を肩幅程度に開いておきます。恥骨のところに両手の親指以外の4本の指を当て、お腹がへこむぐらいの感じで両手をおへその辺りまで押し上げます。この時、下がってしまった腸を上に押し上げるようなイメージを頭に思い描くとうまくいきます。マッサージの時間は約1分。毎朝目覚めた時と夜寝る前に行うとより効果的です。

腸がねじれている「ねじれ腸」は便秘でしかも腹痛を伴う人、あるいは便秘と下痢を繰り返すような人に多いものです。このねじれ腸もマッサージを行うことでかなり体調がすっきりします。

やり方はまず、落下腸のマッサージと同様に仰向けに寝た状態で足を肩幅に開き、膝を立てます。右の手はおへその左側、左の手は左脇腹(ウエストの位置)に当てます。指は伸ばし、親指以外の4本の指で左右交互にとんとんと軽く叩くようにマッサージを行っていきます。骨盤から肋骨の下までの範囲を少しづつ移動させながら1分ほどマッサージ。

もう一つのねじれ腸マッサージは同じ姿勢から両手をおへそを対照にして10cm幅に置きます。ウエストの高さから恥骨の辺りまで、左右の手の10cmの幅をキープしてとんとんとマッサージしていきます。こちらも所要時間は約10分。自分で簡単にできるマッサージ法ですので、ぜひやってみてください。ただし発熱したり触っていてお腹に痛い部分があるような場合は医師に相談してから行うようにしましょう。

PAGE TOP