便秘に効くお茶ランキング HOME » 腸リフレッシュ宣言!便秘主婦に人気のお茶21選&口コミ評判集 » でるでるW

でるでるW

便秘茶「でるでるW」について、飲用者の口コミや配合成分、価格などをまとめました。

でるでるWの特徴

昭和製薬のロングセラー商品である「でるでるW」は、毎朝のお通じをサポートする健康茶です。便秘薬としても知られるセンナの食用部位(太茎)をはじめとして、便秘改善や健康をサポートする数種類のハーブ等をブレンド。医薬品なども製造している自社工場で、厳しい安全管理のもとに作られています。

飲用者の口コミ

≪飲み方≫

ティーポットやカップに1包を入れて、熱湯200~300mlを注ぎ、5分間ほど浸します。1日1包が摂取目安。ホットを氷で急激に冷やすことで、マイルドな味わいに仕上げることもできます。

・主原料のセンナ太茎その他の材料は、アレルギーの方など体質に合わない場合があります。初回の利用の際には、ティーバッグ1包で作るお茶の半分量(100~150ml)程度で試し飲みをするのがおすすめです。強い下剤成分を含むため飲み過ぎには注意し、腸を大きく刺激する成分を含むため、妊産婦、お子さんは飲用しないでください。

でるでるWの成分一覧

でるでるWには、便秘解消効果が期待できるセンナ太茎やカッシーア・アラタ(ゴールデンキャンドル)、ダイエットをサポートするガルシニアのほか、ハブ茶、玄米、ミカンの果皮、ゴーヤが入っています。食品添加物を使用しないノンカフェインのお茶なので、飲む時間を問わずに利用できるのがいいですよね。でるでるWの原材料に含まれる有効成分についてご紹介します。

【注目成分1】センナ太茎

センナは、マメ科カワラケツメイ属に属する生薬のひとつで、天然の下剤として利用されてきた歴史を持ちます。古くはアラビアの医師が使用し、現在のヨーロッパでもハーブとしてよく利用されています。葉と果実の部分が便秘薬などの医薬品に使用されることが多いセンナですが、葉の部分は効果が強いため医薬品のみに利用が許可されています。
でるでるWには、食品として利用可能なセンナの茎部分を配合。センナの茎には、アントラキノン誘導体と呼ばれる腸のぜん動運動を促す正成分や、センノシドという排便に作用する成分が含まれています。
現在日本で利用されるセンナは、日本薬局方でチンネベリ・センナとも呼ばれるCassia angustifolia Vahlという種類で、主にインドから輸入したもの。センナの茎は、即効性が高いのが大きな特徴で、便を柔らかくしすみやかな排便を促す効果があります。

参考:
ダイエットなどをうたった「健康食品」センナ
薬用植物総合情報データベース センナ
C-12-58 センナ長期大量使用の一症例(消化器)大塚 泰則, 橋爪 誠, 福永 幹彦, 中井 吉英

【注目成分2】ガルシニア

ガルシニアは、東南アジアやインドなどに生育するオトギリソウ科の常緑樹です。熟した果実は生食、乾燥した果皮はスパイスとして利用されています。内臓脂肪の蓄積を抑えることでも知られますが、インドでは、ガルシニアを下剤として使用している例もあります。
でるでるWに使用されている原料のひとつでもあるガルシニアは、脂肪の蓄積を抑える作用があるため、体重の増加抑制に効果があることが臨床実験によりわかっています。空腹を抑える作用からダイエットにも有効だといわれ、健康食品にも多く取り入れられています。

参考:液体ガルシニアエキス及び水溶性ガルシニアパウダーの体重変化に及ぼす影響 体脂肪蓄積予防素材としての可能性 澤田 玄道, 富 裕孝, 田村 幸一, 阿武 尚彦

【注目成分3】カッシーア・アラタ(ゴールデンキャンドル)

カッシーア・アラタは、別名ハネセンナと呼ばれる植物で、南アメリカ原産のマメ科の低木です。葉センナの同属植物で、葉や葉の軸、茎、花などの各部分に、すみやかな排便を促す成分であるセンノシドが含有されています。

参考:キャンドルブッシュを含む健康茶-下剤成分(センノシド)を含むため過剰摂取に注意

【注目成分4】玄米

玄米には、便秘解消に役立つとされている水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が含まれています。水溶性食物繊維は、体内に入るとジェル状になりますが、そのまま溶けずに胃や小腸を通過し大腸まで届きます。そのため、腸を刺激しなら排便を促す効果があるのです。
不溶性食物繊維は、腸に到達すると腸の中に残る余分な水分を含み膨張する性質があります。水分を吸収しやすい性質から便と混ざりあい便の量を増やします。便の量が増えると腸が刺激され、腸の筋肉のぜんどう運動を促進しスムーズな便通を促します。

【注目成分5】ゴーヤ

ゴーヤは、熱帯アジア原産のウリ科のつる草です。正式名はツルレイシですが、通称で苦瓜(にがうり)と呼ばれ、果肉にある独特の苦味が好まれています。食材として人気で、沖縄などでは乾燥させてお茶としても用いられるゴーヤ。一般的にはビタミンCが豊富なことで知られるゴーヤですが、便秘に有効な水溶性食物繊維も豊富です。腸内環境を整えると共に、香ばしい味わいが特徴ででるでるWの風味をよくしてくれています。

【注目成分6】みかんの果皮

でるでるWに配合されているみかんの果皮は、陳皮(ちんぴ)とも呼ばれる生薬のひとつです。さわやかな芳香があり、芳香性健胃薬として用いられています。

でるでるWの基本情報

「un・un」編集部よりコメント

センナなどの便秘解消をサポートする成分が、1包にたっぷり配合されているので、最初のうちは飲む量を調整するのがオススメです。

便秘改善効果があるお茶の気になる口コミ・評判を一覧でチェック

PAGE TOP