便秘に効くお茶ランキング HOME » 腸リフレッシュ宣言!便秘主婦に人気のお茶21選&口コミ評判集 » ちょう明茶

ちょう明茶

ちょう明茶の口コミでの評判や配合成分、価格などをまとめました。

ちょう明茶の特徴

自然農法で作られる

ちょう明茶は、奈良県の大和高原にある茶園「健一自然農園」とのコラボレーションで誕生しました。健一自然農園が位置するエリアは、年間を通して光量や雨、昼夜の寒暖差があるなど、お茶作りに適した気候を持つ周辺を山に囲まれた自然豊かな場所にあります。2001年の創業から現在までの期間、化学肥料や農薬に頼らない自然農法を貫きながら作られる健一自然農園のお茶は、素材のよさを最大限に生かした作り方が基本です。

ちょう明茶の素材となる三年晩茶は、健一自然農園で3年間生育させた茶樹を素材にしていますが、葉だけではなく茎もすべて使用するのが特徴です。晩秋から冬の空気が冷える時期に収穫を行い、焙煎する際には、石油製品ではなく薪を使って行う、すべてに渡り自然なお茶なのです。ちょう明茶は、薪で焙煎した茶葉を半年間寝かせた後に、「凍結粉砕技術」を用いて粉末にして完成します。

驚きの食物繊維量

現代人の食生活や健康維持、美容などに必要不可欠とされ、五大栄養素(たんぱく質、炭水化物、ビタミン、脂質、無機質)に継ぐ第六の栄養素ともいわれる食物繊維(辻啓介「植物繊維)」)。食物繊維は、その特性から腸の蠕動(ぜんどう)運動を助け、すみやかな便通を促したり、腸内の乳酸菌やビフィズス菌などの善玉といわれる菌のエサとなることで、善玉菌を増やし腸内環境を整えることがわかっています。

ちょう明茶に含まれる食物繊維量は、日本食品分析センターでの検査結果によると、100グラム中76.9グラム。食品繊維が多いことで知られ便秘にもよいとされるごぼう(100グラム中5.7グラム)の約13倍もの食物繊維量を誇っています。お茶を飲むだけの日常的な習慣で、これだけの食物繊維がとれるのはうれしいですよね。

下剤成分ゼロ

毎朝のお通じが順調ではないことから便秘薬やサプリ、健康茶などを取り入れているけれど、その効果が徐々に感じられなくなってきた、という悩みを持つ方がいます。薬やお茶の量を増やしてみても、最初ほどの効果が感じられない。そんな症状がある方は、腸内環境のバランスが悪くなっているかもしれません。

多くの便秘薬やサプリ、健康茶には、センノシドなどの下剤成分が含まれていることがあります。この下剤成分を長期に渡りとり続けていると、腸内の健康には欠かせない乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が減少し、悪玉菌の制御機能が徐々に減少してきます。通常腸内は、善玉菌が多いのが望ましいのですが、下剤成分のとりすぎによりバランスが崩れると、美容や健康上のトラブルを引き起こすことにもつながります。

ちょう明茶は、自然そのままの素材を自然な製法でお茶にしているので、下剤成分はゼロ。自然の食物繊維が腸内の環境を整え健康的なお通じを促してくれるのです。

カフェインの含有量が少ない

コーヒーや紅茶、お茶を飲む時間は、忙しい日常生活には欠かせないリラックスタイムです。けれども、妊婦さんや夜眠りづらい方など、お茶に含まれるカフェインが気になるという方もいますよね。

ちょう明茶の製造過程では、お茶の葉や茎を長期間寝かせますが、その期間にお茶の新芽に含まれるカフェインが自然に分解されるという特徴を持ちます。ちょう明茶に含まれるカフェインは、日本食品分析センターでの検査結果によると、100グラム中0.13グラムとごくわずか。100グラムあたり約 40ミリグラムのカフェインが含まれるコーヒーに比べると、含有量の少なさがわかります。そのため、妊婦さんやお子さんでも安心して飲めるのです。

残留農薬の心配がない

ちょう明茶が作られている健一自然農園は、長らくの間耕作放棄されていた汚染のない土地を茶園として開墾し利用しています。開園以来、化学肥料や農薬に頼らない自然農法で育つ元気な茶樹の葉と茎をまるごとお茶にしているので、残留農薬の心配がありません。

素材のままを腸に届ける

奈良県の大和高原の山間部で1200年前から変わらない昔のままの製法で、化学肥料や農薬に頼らずに作られたちょう明茶は、下剤成分はもちろん、その他の添加物を含まない茶葉100パーセントのお茶です。甘みやコクがあり香ばしい香りが特徴のちょう明茶は、その茶葉をより手軽に日常生活にとり入れやすいようにするため、マイナス196度の凍結粉砕技術を用いて粉末にしています。

マイナス196度の凍結粉砕を用いることでお茶の味や香りを変えずに、素材そのままを腸に届けることができます。粉末なので、湯飲み茶碗に小さじ1杯分のお茶を加えお湯をそそいでかき混ぜるだけで飲める手軽さもあります。飲んだ後に茶葉を片付ける手間もなく手軽に、素材本来の味わいと風味をまるごと楽しめるのです。

便秘や美容など、気になる症状を改善したいけれど、薬やサプリには頼りたくないという場合や、カフェインの心配がないお茶を家族みんなで飲みたいという場合などにも、気軽にとり入れられるのがいいですよね。体を温める効果があり、カフェインの含有量が少ないため、妊婦さんやお子さんでも安心で飲んでいただけるお茶なのです。

ちょう明茶は、無農薬・自然栽培のお茶で知られる健一自然農園とのコラボレーションで作られた三年晩茶100%のお茶です。原産地は、大和茶発祥の地とされる、奈良県大和高原。ここで3年かけて成長させた茶樹や茶葉をまるごと使い、薪木だけで焙煎して三年晩茶に仕上げた後、凍結粉砕技術によって粉末状にしています。ちょう明茶は、カフェインの含有量が少なく、下剤成分も含まれていないので、妊婦さんやお子さんでも飲めます

飲用者の口コミ

≪飲み方≫

湯呑み茶碗に小さじ1杯分の粉末を入れて、適量のお湯を注ぎ、よく混ぜて溶かしてから飲みます。

ちょう明茶の成分一覧

ちょう明茶の原料は、薪木だけで焙煎した三年晩茶100%です。無農薬・自然栽培で作られた茶葉を使っているので、残留農薬の心配がなく、安心して飲むことができます。

【注目成分】三年晩茶

一般的な煎茶や番茶が新芽だけを摘み取るのに対して、三年晩茶は、3年間お日さまを浴びた古い葉や茎を使います。そのため、食物繊維を豊富に含むのが特徴。ちょう明茶は、この三年晩茶をまるごと使用し、マイナス196℃の液体窒素で凍結・粉砕してパウダー状にすることで、熱による素材へのダメージもなく、食物繊維をたっぷり摂れるのが魅力です!食物繊維には、善玉菌のエサになって悪玉菌を減らし、腸内環境を整える働きがあるので、自然な力での便秘改善効果も期待できます。

ちょう明茶の基本情報

「un・un」編集部よりコメント

無農薬の自然栽培で作られているので、安心して飲めますね。食物繊維がたっぷりで、自然なお通じが期待できそうです。

便秘改善効果があるお茶の気になる口コミ・評判を一覧でチェック

PAGE TOP