便秘に効くお茶ランキング HOME » <保存版>便秘改善に効くお茶の種類まとめ » 紅茶

紅茶

アールグレイやダージリンなど豊富な種類があり、さまざまな香りや味わいが楽しめることで定番人気の紅茶。実は、便秘解消の心強い味方であることでも注目されています。とりわけ腸の運動が低下することでお通じが悪くなる「弛緩性便秘」に対して効果を期待できるとか。そんな紅茶の便秘解消効果をリサーチしました。

便秘解消をサポートする紅茶の成分とは

紅茶にはカテキンやテアニンなど便秘改善をサポートする成分が豊富に含まれています。では具体的にどのように便秘に働きかけていくのか、そのメカニズムを解説しています。

カテキン

ポリフェノールの一種であるカテキンは、善玉菌のエサになることで、腸内の善玉菌を増やしてくれる成分です。また、優れた殺菌作用によって悪玉菌を減らす働きもあり、腸内環境を整えて、便秘を解消するのに役立ちます。

テアニン

紅茶に含まれている香り成分「テアニン」にはリラックス作用があり、ストレスなどが原因で乱れてしまった自律神経を整える効果を期待できます。紅茶を飲めばもちろんのこと、香りを嗅ぐだけでも効果的なのだとか。自律神経を正常化させることで、腸の本来の運動を取り戻し、便秘解消をサポートしてくれます。

紅茶がもたらす、その他の嬉しい効果

多くの方々から親しまれている紅茶には、便秘解消効果のほかにも嬉しい健康・美容効果を期待できます。ふだん飲んでいる方も、健康・美容目的で飲もうと考えている方も、ぜひ以下にまとめた効果を抑えて、素敵な紅茶生活を送ってみてはいかがでしょうか。

アンチエイジング・美肌効果

紅茶のみならず緑茶にも含まれているカテキンには、強い抗酸化作用によってお肌の老化を防止する効果を期待できます。お肌の老化をもたらす原因は活性酸素と呼ばれる有害物質。これがシミやしわ、たるみなどの老化現象を招くのです。カテキンはこの活性酸素を取り除く働きを持っており、老化の原因を絶ってくれるのです。

ダイエット効果

紅茶の効果の一つに、ダイエットをサポートする働きがあります。それはカテキンの血糖値の上昇を抑える働きによるものです。人の体は食事をとると血糖値があがり、それを元に戻すためにインスリンという物質を分泌します。このインスリンがブドウ糖をエネルギーに変えるのですが、一方で脂肪として蓄積させてしまいます。そこでカテキンが血糖値をゆるやかに戻すことで、インスリンの分泌を抑えて太りにくくしてくれるのです。

紅茶の飲み方・注意点

味わいや香りが豊かなだけでなく、便秘解消効果をはじめとするさまざまな健康・美容効果得られる紅茶ですが、飲み方によって台無しにしてしまう恐れもあります。以下の内容を参考にして、効果的に紅茶を飲んでみてくださいね。

ティーポット・ティーカップは温めておく

紅茶を入れる前に必ずやっておきたいことは、ティーポット・ティーカップをよく温めておくことです。温めずにお湯を入れてしまうと急激にお湯の温度が下がってしまい、紅茶の成分がうまく抽出されないためです。ティーバッグ1つに対して、150ml程度の沸かしたての熱湯を注ぎましょう。

茶葉をよく蒸らす

ポットの場合はフタを、カップの場合は受け皿などでフタをして、よく蒸らしてください。商品によって蒸らす時間は異なりますが、3分程度が相場のようです。抽出している間、ティーバッグを直接つついたり、揺らしたりすると、渋みや苦みがでるので要注意。ティーバッグを取り出す際も、やさしく数回振って取り出しましょう。

寝る前や移動前に飲むのは控える

妊婦の方はカフェイン量が気になるところですね。紅茶に含まれるカフェインは1杯(150ml)あたり、50~80mg。対するコーヒーは約150mgなので、約半分の量です。妊娠16週の安定期の方は1日2~3杯は飲んでも問題ありませんが、その他のカフェインを含む飲み物を飲んだ場合はトータルのカフェイン量にご注意ください。最も注意したいのはカフェインによる利尿作用。妊娠中は頻尿になりがちなので、寝る前や移動前に飲むのは控えたほうが良いでしょう。

アレルギーや副作用の可能性は?

紅茶には鉄分の吸収を妨げる働きを持ったタンニンが含まれています。そのため、日常的に大量に紅茶を取り入れると鉄分が不足し、貧血を引き起こすことがあるので注意しておきましょう。

また、尿路結石の原因となるシュウ酸も含んでいるため気を付けなければなりません。紅茶を取り入れる際には、食事とは別の時間帯に取り入れるのがおすすめです。というのも、紅茶に含まれているポリフェノールには脂肪の吸収を抑える働きがあるのですが、食事と一緒に飲むと食事から取り入れた栄養素を一緒に排出してしまう心配があります。 カフェインも含まれているので過剰摂取には注意しておきましょう。紅茶にアレルギーを持っている方もおり、胃がムカムカするなどの症状が挙げられるのでこのようなことがあった場合は摂取を控えておいた方が良いです。

本当に便秘に効くお茶はどれ?
いつでも飲めるオススメの便秘茶ランキング

PAGE TOP