便秘に効くお茶ランキング HOME » <保存版>便秘改善に効くお茶の種類まとめ » プーアル茶

プーアル茶

多くの人に親しまれているプーアル茶は、中国六大茶の「黒茶」に分類されるお茶です。使用している元の茶葉は緑茶と一緒ですが、黒麹菌で発酵させることで作られています。黒茶は身体を温めてくれると言われており、便秘の原因にもなる「冷え」を解消するのにもオススメです。

便秘解消をサポートするプーアル茶の成分とは

プーアル茶の効果といえば、「脂肪の吸収」「ダイエット効果」などとメディアでも多く取り上げられていますが、便秘解消にも期待できるのです。中でも、過剰なダイエットや運動不足によって腸の動きが低下して便が上手く排出されなくなる「弛緩性便秘」の改善に良いとされています。では具体的などのような成分が便秘解消効果を発揮してくれるのでしょうか?以下にまとめました。

マグネシウム

便秘薬にも含まれるほど便秘解消効果を発揮してくれるのがマグネシウム。腸内の水分を集めて便を柔らかくするとともに、便のカサ増しで腸に刺激を与えて活性化させることで、お通じ改善を促してくれます。摂り過ぎは下痢や嘔吐などの副作用をもたらす恐れがあるので注意が必要です。

重合カテキン

茶葉を長時間発酵させることで、緑茶に含まれるカテキンがパワーアップした形=「重合カテキン」に変化。強力な殺菌作用でコレラ菌や食中毒細菌から守り、健全な腸内環境を保ってくれます。これにより自然な便通をサポートしてくれるのです。

プーアル茶がもたらす、その他の嬉しい効果

便秘解消に効果的な成分を含むプーアル茶は、ダイエット効果の高さからメディアでも注目されているお茶ですね。しかし、まだまだ他にもいろんな効果を得られるお茶なのです。そこで以下には代表的なダイエット効果とともに、プーアル茶がもたらす嬉しい効果をまとめました。

ダイエット効果

プーアル茶のダイエット効果は、脂肪燃焼と脂肪吸収ブロックの働きにあります。プーアル茶に含まれるリパーゼという酵素が体内に居座る中性脂肪を“燃焼前の準備段階の形”に変化させてくれるため、簡単に燃焼させられるようになるのです。また「重合カテキン」や「没食子酸」という成分が、脂肪を吸収させる「胆汁」の働きを抑えることで消化・吸収をブロックしてくれて、中性脂肪が増える心配を取り除いてくれます。

冷え・むくみ改善効果

プーアル茶に含まれるポリフェノールの一種「重合カテキン」は、血流改善効果を持っており、代謝をアップさせてくれます。代謝がアップすると、体の熱生産力も高まるため冷えの改善につながります。さらに代謝が良くなるということは、体にたまった余分な水分や老廃物を外に出して、むくみの解消も期待できるのです。

美肌・美髪効果

プーアル茶には「美容ビタミン」とも呼ばれるビタミンB2が含まれています。ビタミンB2の主な働きは皮膚や粘膜を健康に保つこと。お肌や髪、また爪の発育を促進させて美しさを維持してくれます。反対にビタミンB2が不足してしまうと、口内炎や眼精疲労など健康にも悪影響があるのでご注意くださいね。

プーアル茶の飲み方・注意点

ダイエット効果が高いお茶として注目されているプーアル茶は、便秘解消をサポートしてくれるだけでなく、冷えやむくみ解消、美肌・美髪効果も期待できる優れたお茶です。そこでプーアル茶の効果をそのままに、おいしく飲むためのお茶の淹れ方や注意点をまとめました。

茶葉を崩して洗茶

プーアル茶は固まった状態で売られていることがほとんど。必ず固まった茶葉を崩してから使用するようにしましょう。また崩した茶葉は煎じる前に洗茶すること。方法はさっと暖めた茶器に茶葉を入れてさっと熱湯をかけるだけ。かけた熱湯はすぐに捨ててください。こうすることで茶葉を良く開かせて、香りや効果をきちんと出すことができます。

さっと煎じるだけでOK

プーアル茶は他のお茶と比べて抽出されやすいのが特徴。そのため何分も蒸らす必要はありません。とくに1,2煎目は渋みや苦みが出やすいため、さっと煎じるだけでOKです。3,4煎目以降はご自身の好みにあわせて抽出時間を調整してみてください。煎じる際は95~100℃の熱湯100ccにつき、1gを目安に入れましょう。

就寝2時間前や空腹時はNG

プーアル茶、とくに生茶の場合は、コーヒーやお酒と同じく胃を刺激して空腹感が増してしまいますので、就寝2時間前や空腹時は避けるようにしましょう。気になるカフェインは比較的少ないため、妊婦や子どもでも1日1~3杯程度なら問題なく飲めるとされています。

アレルギーや副作用の可能性は?

プーアル茶にはカフェインが含まれているため、過剰摂取した場合にはカフェインによる健康被害が考えられます。ただ、カフェインの摂取量に注意が必要とされている妊婦の方でも一日500ml程度であれば飲めるお茶に分類されているので、それほど神経質になる必要はありません。 気になる副作用はほとんどないので安心して飲めるお茶だといえます。また、体内に溜まっている老廃物を除去する働きがあるため、一度に大量に飲むとお腹を下してしまうこともあるので気をつけましょう。

品質の悪い商品は尿路結石の原因にもなるシュウ酸が含まれていることもあるので注意が必要です。

本当に効くお茶はどれ?
手軽に飲める人気の便秘茶ランキング

PAGE TOP