便秘に効くお茶ランキング HOME » <保存版>便秘改善に効くお茶の種類まとめ » コーヒー

コーヒー

「コーヒーがないと生きていけない…」そんな人も多いのではないでしょうか。家ではもちろんのこと、オフィスや飲食店などでも日常的にたくさん飲まれているコーヒーですが、便秘に良い飲み物なのか、はたまた悪い飲み物なのか、便秘に悩む女性の味方「un・un」編集部が徹底リサーチ!

カップに入ったコーヒー

便秘解消をサポートするコーヒーの成分とは

結論から言うと、コーヒーは便秘解消に効果がある飲み物でもあり、便秘の原因にもなる飲み物でもあります。いったいどういうことなのでしょうか?その秘密はカフェインにあります。以下にカフェインの働きについてまとめました。またその他の便秘解消をサポートする成分もご紹介しています。

カフェイン

コーヒーの主成分はカフェインで、コーヒー1杯に含まれるカフェイン量は約150mg。カフェインには腸の動きを活発化させる作用があることから、個人差があるものの、便通を良くする効果があるといわれています。食事や運動でも腸の動きは活発化をしますが、カフェインの入っているコーヒーは、白湯よりも効果が高いといわれています。

一方で、カフェインには利尿作用があり、摂りすぎると腸の水分不足によって便が硬くなってしまう可能性も。このことから、コーヒーは便秘の原因にもなると言われているのです。

また、個人差はあるものの、コーヒーを飲むことによって大腸と胃の運動が活発になることが知られています。こうした効果を受けて、腸を動かしたい手術後の回復に、コーヒーを利用するという動きも試験的に導入されているとのこと。コーヒーを飲んだ後の腸の収縮活動は、食事をした後の動きよりも活発であったと記録されています。 こうした事例を踏まえて、朝に1杯のコーヒーを飲むことで大腸がほどよく刺激され、便通を促すことが期待できるでしょう。

参考:ネスレのなぜなにコーヒー:コーヒーと便通

オリゴ糖

コーヒーには、善玉菌のエサになるオリゴ糖も含まれています。腸内の善玉菌を自然に増やして、腸内環境を整えてくれるため、便秘の解消にも良い成分です。オリゴ糖はコーヒーに入れる甘味料としても使用できるので、砂糖の代わりにオリゴ糖を入れてみても良いでしょう。

最近ではこれまで使われていなかったコーヒー抽出後のマメに、整腸作用やほか健康機能を持ったオリゴ糖「コーヒー豆マンノオリゴ糖(コーヒーオリゴ糖)」があることが判明しました。もともとコーヒー豆から抽出されるオリゴ糖なので、コーヒーに入れる場合では味わいの面でとても相性が良く、カロリーは砂糖の半分ほどです。現在わかっている特性だけでも「脂肪の吸収を抑え、溜まった脂肪を代謝させる」、「腸の働きを促す」、「アレルギーになりにくくなる」などの働きがあります。

体内で消化されにくいという特徴があり、小腸粘膜まで約96%が残存していた結果が得られたコーヒーオリゴ糖。そのため大腸まで届き、善玉菌のエサとしての役割を果たし、そのれにより善玉菌が働くことによって腸内の環境が整えられ、便通の改善に期待ができるという仕組みです。

参考:ネスレ公式:コーヒーオリゴ糖について

コーヒーがもたらす、その他の嬉しい効果

カフェインによる副作用ばかりに目を向けられがちなコーヒー。たしかに過剰摂取による副作用は否定できませんが、体に良い影響を与える効果も持っているのです。以下ではそんなコーヒーがもたらす嬉しい効果をまとめました。コーヒー党のあなた、安心してください♪

ダイエット効果

カフェインは脂肪燃焼を促す効果を持っています。カフェインを摂り入れると血液中にエネルギーとして燃焼するための脂肪=遊離脂肪酸の濃度が上がるため、脂肪が燃焼されやすくなるのです。運動の2,30分前にコーヒーを飲むことで効率的にダイエットができますよ。

リラックス効果

コーヒーの香りは人をリラックスさせる働きを持っていることが、杏林大学の研究結果で証明されました。実験内容は、挽いたコーヒー豆・レモン油・蒸留水の香りをそれぞれかいだ人たちの脳のアルファを測定するもの。アルファ波とは、リラックス状態のときに多く発せられます。実験の結果、コーヒー豆をかいだときのアルファ波が突出して多く発せられていたのです。

脳の活性化効果

杏林大学ではリラックス効果に関する実験と同時に、コーヒーが脳を活性化させる効果についても実験を行い、「頭を使っているときにコーヒーの香りをかぐと脳の働きが向上する」と証明しました。実験は認知や情報処理を行う際の脳の電位を図る方法で行われ、コーヒーが脳の活性化を促す効果を持つとの結果が出たのです。

紫外線対策効果

コンビニエンスストアなどで気軽に購入できるインスタントコーヒーを用いて、マウスに塗布する、または飲ませる実験で、コーヒーを与えていないマウスに比べると皮膚の炎症が抑制されるという結果が得られたそうです。さらに実験を続けた結果、コーヒーの成分として多く含まれるポリフェノールのうち、カフェ酸とクロロゲン酸が特に皮膚の炎症を抑えることが判明しました。
特にクロロゲン酸は、抗酸化や美白に効果があるとも言われているポリフェノールの一種で、活性酸素の働きを抑え、メラニンの過剰生成を抑制する働きがあるとも言われている優れもの。また、脂肪酸をエネルギーに変える際にも関わってくる成分のため、美白にも健康にも最適な成分と言えるでしょう。

糖尿病予防効果

糖尿病患者が増加傾向にある日本。その動きにコーヒーがストップをかけてくれるかもしれません。1日にコーヒーを7杯以上飲んでいる人は、2杯程度の人に比べると糖尿病になる危険が半分程度になるという研究も報告されています。
さらに、コーヒーを16週間にわたり1日5杯摂取するという実験では、コーヒーを摂取した後の2時間で血糖値が平均して13.1%低下した結果が報告されました。飲用後8週間ではほとんど変化は見られなかったものの、16週間続けた結果変化が表れてきたということから、24週間、32週間と継続していくことで、さらに効果を高められるのではという予測が立てられています。
とくに、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が、糖尿病と大きく関係のあるインスリンの分泌について関わりがあるとのこと。糖尿病の予防に効果的に働きかけるクロロゲン酸は、コーヒーを摂取することで継続的に得るのがおすすめです。

パーキンソン病予防

パーキンソン病とは「手足がこわばり震える」、「表情が乏しくなる」などの症状で知られる病気です。コーヒーに期待できる効果として、難病パーキンソン病の発症を予防できる可能性があるとされています。
パーキンソン病は神経細胞が外部からの刺激ではなく、自然に死んでしまう病気です。コーヒーのカフェインに着目した研究では、パーキンソン病に関しての実験でポピュラーな毒性物質を用いた実験が行われました。濃度の異なるカフェインを与えると、高濃度のカフェインほど細胞の生存率が高いという実験結果が得られたのです。
このことから、カフェインは細胞死を抑制するということが分かり、神経細胞が自然死するパーキンソン病に効果が期待できるということです。

脳卒中リスク低減効果

脳卒中は、脳の血管が詰まったり、破れたりして細胞が死んでしまう病気です。コーヒーには脳卒中の発症リスクを低減させる効果が期待されています。脳卒中が恐ろしい病気と言われる所以は、終動脈がダメージを受けてしまうからです。終動脈とは脳や肺、心臓などにある血管で、終動脈が詰まると酸素や栄養素が重要な臓器まで届かなくなります。
脳卒中とコーヒーの関連についての研究が行なわれたのは、海外で広く飲まれていることから取り入れられました。「コーヒーを飲まない」グループと、「週に1~2回」や「毎日2杯以上」とグループを分けて行なわれた実験。結果を見ると、1日に4杯以上コーヒーを飲んでいるグループでは脳卒中のリスクが最大で20%低下していることが判明しました。
毎日コーヒーを飲むことで、脳卒中という重大な病気を予防できる可能性が示されたということが言えます。

肝機能の促進

ビジネスパーソンの不安の種である肝機能障害を予防してくれるというのが、コーヒーに期待できる効果として明らかになっています。

自衛官を対象に行なわれた実験では、ビール2本分程度のアルコールを摂取している人のγ-GTP値は、コーヒーを飲まない人に比べると、毎日飲む人の方が平均で10以上も低いことがわかりました。この結果から、アルコールによって肝機能が悪くなるのをコーヒーが抑制してくれるという結果が得られています。
これらは、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸がカギになっているようです。強い抗酸化作用を持つクロロゲン酸が、肝機能に対して有効に働いているという予想が立てられており、今後注目される成分です。

参考:ネスレのなぜなにコーヒー:コーヒーと肝臓の健康の関係は?

便秘解消をサポートする
オススメのお茶一覧

コーヒーの飲み方・注意点

コーヒーは便秘改善に良くも悪くも影響を与える飲み物。適度な量を守れば、悪い作用は起こしません。以下ではコーヒーをカジュアルに嗜みたいあなたのために、注意したいポイントをまとめました。コーヒー党のあなたはよくお目通しくださいね。

1日の目安摂取量400mg(妊婦の方は200mg)を守る

欧州食品安全機関(EFSA)によると安全な1日のカフェイン摂取量は400mg。コーヒー1杯約150mgとすると、2~2.5杯程度が目安となります。妊婦の方はこれの約半分となるため、1杯にとどめておくのが無難でしょう。1杯を80mgとする情報もいくつか見られますので、ご自身が飲んでいるコーヒーのカフェイン含有量がどれぐらいなのか、確認してみてはいかがでしょうか。

夕方以降のカフェイン摂取は避けたほうが◎

就寝1~3時間前のカフェイン摂取は控えたほうが良いでしょう。睡眠に関する研究結果をまとめた「J Sleep Res」に掲載されている実験結果によると、200mgのカフェインを睡眠前に摂ると、寝付くまでの時間が10分遅れ、また睡眠時間が30分程度短くなるとのこと。血液中のカフェインは、半分になるまで約4時間を要します。このことから夕方以降のカフェイン摂取はなるべく避けることをオススメします。

便秘解消に効果をさらに引き出す、コーヒーを飲む良いタイミング

コーヒーを飲むベストタイミングは朝です。コーヒーには腸内の働きを活発にさせる成分が入っているため、排便を促す効果があります。その効果をより高めるために、朝に飲むのがオススメ。

また、朝のコーヒーは、1日の始まりから夜までの腸の働きを高めてくれます。他にも、スッキリ目覚められるというメリットもあるため、1日をすがすがしく過ごすことができるでしょう。

反対に、あまりおすすめできないのが夜にコーヒーを飲むこと。コーヒーに入っているカフェインが、入眠の妨げになってしまう恐れがあるため、夜から飲むのは控えたほうが無難です。

また、コーヒーの飲み方によって効果を高めることもできます。

適量で飲む

コーヒーに含まれているクロロゲン酸は腸の働きを活発にしますが、少量であれば下痢や軟便の心配もありません。適量を飲むように意識することで、便秘対策の飲み物として役立ちます。

温かい状態で飲む

冷たい状態だと一気に飲んでしまうため、飲む量も自然と多くなっていきます。そのため、利尿作用が強くなることも。コーヒーはできるだけ温かくして飲みましょう。

食事中や、エクササイズをしながらコーヒーを飲む

何かを食べたり、エクササイズをすると腸の働きは活発になります。それにコーヒーを加えると、強い便意を促すことがあるので、便秘ぎみの方におすすめです。

コーヒー初心者に伝えたい!ペーパードリップの方法【入門編】

ここでは「un・un」編集部が独自で調査した、ハンドドリップの中でも初心者が手軽にできる方法・ペーパードリップの方法をご紹介します。豆選びや焙煎、ブレンド、豆挽きなどコーヒーは奥深いもの。玄人同士になると意見も分かれてしまうことも多いため、比較的初心者にもできる方法の解説のみにとどめております。

人気便秘茶を徹底体験!
便秘解消効果の高いお茶飲み比べレポート

コーヒーと一緒に摂取すると便秘解消効果がUPする食べ物は?

コーヒーだけを飲むのも良いですが、以下の食品と一緒に摂取することで効果を高めてくれます。

オリゴ糖

甘いコーヒーが好きな人は、砂糖の代わりにオリゴ糖を使ってみるのも◎。オリゴ糖は、腸内にいる善玉菌の餌になるので、腸の働きを活発にしてくれます。普段飲んでいるコーヒーよりも、さらに便秘解消の効果を高めてくれるでしょう。いつもはブラックを飲んでいる人も、お腹の調子が悪いと感じた時は、オリゴ糖を少し加えて飲むようにするのがおすすめ。少量であれば、風味に大きな変化はありません。

牛乳

牛乳には、乳糖と呼ばれる成分が含まれています。乳糖は腸内のビフィズス菌を増やす作用があるので、腸内環境を整える効果があります。

オリーブオイル

オリーブオイルには、オレイン酸と呼ばれる成分が入っています。オレイン酸は腸内の滑りを良くして、詰まってしまった老廃物をスルっと排出させてくれる成分。ホットコーヒーにオリーブオイルを数滴たらすだけなので、毎日の習慣にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

アレルギーや副作用の可能性は?

コーヒーを取り入れる際に最も注意しなければならないのがカフェインの過剰摂取です。コーヒーを飲むと眠れなくなると言われますが、これはコーヒーにカフェインがたくさん含まれているためで、過剰摂取した場合にはカフェインの刺激で胃腸が弱まったり、自律神経が乱れるなどの副作用があります。

また、脳が覚醒するために睡眠の質が低下し、それが原因で疲労回復能力が低下したり、睡眠障害を引き起こすことも。カフェインは刺激の強い成分でもあるので、吐き気や貧血、湿疹、蕁麻疹、くしゃみなどのアレルギー症状が起きる方もいます。 飲んでからしばらくしてアレルギー症状が発生することもあるため、該当する症状がある方はコーヒーによるアレルギーも疑ってみましょう。

便秘茶ランキング

Best3
※全て初回価格

便秘解消に
オススメ!

2位

デルモッティ

成分数
23種類
1,836円

公式サイトへ

1位

モリモリスリム

成分数
24種類
380円

公式サイトへ

3位

デルバラスリム
ビューティ

成分数
21種類
500円

公式サイトへ

PAGE TOP