便秘に効くお茶ランキング HOME » <保存版>便秘改善に効くお茶の種類まとめ » ごぼう茶

ごぼう茶

ごぼう茶とは、ゴボウを煎じて成分を抽出したお茶のこと。さまざまな健康効果を持っていると注目されているお茶です。ゴボウは食物繊維が豊富なことで知られていますが、ビタミンB群やポリフェノールなど食物繊維以外にも注目すべき成分がたくさん入っています。ノンカフェインで飲めるお茶なので、妊婦の方やお子さんでも安心して飲めるのも嬉しいポイントですね。

ごぼう茶

便秘解消をサポートするごぼう茶の成分とは

健康や美容に敏感な方の間ではすでに人気となっているごぼう茶は、便秘解消効果も持つ優れたお茶。ここではそんなごぼう茶の便秘解消サポート成分をリサーチしました。どんな成分があるのでしょうか?以下にまとめましたのでご覧ください。

イヌリン

ごぼう茶には「イヌリン」と呼ばれる水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。

イヌリンは水分を吸収して膨らむ性質を持っており、腸を優しく刺激して排便を促したり、水分で便を柔らかくしたりして便秘を解消。

さらに、ビフィズス菌をはじめとする善玉菌のエサとなる「フラクトオリゴ糖」に分解・吸収されるので、腸内環境改善にも役立ちます。

また、排便だけじゃなく、利尿作用も高めてくれるので、むくみに悩んでいる方にもおすすめ。イヌリンが持つ水溶性食物繊維は、水分を含むと余分な糖質やコレステロールなどを包み込み、吸収をブロックし、血液中に吸収される糖が減るので、糖尿病の原因となる血糖値の上昇を防ぐことができるのです。

その他にもイヌリン自体が甘みを持っているので、甘味料として代用することでカロリーダウンにつながり、体重減少効果も得られます。

イヌリンを直接取るとなるとサプリが一般的ですが、高額で手が出しづらいもの。その点、ごぼう茶ならコストパフォーマンスが◎です。いつもの飲み物を置き換えるだけなので手軽にイヌリンを摂取することができるでしょう。

サポニン

ごぼう茶には、「サポニン」と呼ばれるリラックス効果に優れたポリフェノールの一種が含まれています。

このサポニンは、料理の際に捨てられる皮の部分に多く含まれていると言われており、またとても苦くて有名なので、料理で摂取するよりはごぼう茶で摂取するのが賢い選択です。

ごぼう茶に含まれるサポニンは、自律神経の乱れを整えて大腸の働きを正常化させる働きや、脂肪の蓄積を抑えて腸内環境を整える効果や内臓の働きを活性化させる作用もあり、スムーズな便通を促してくれます。

また、血中コレステロールを減少させ、高脂血症を防ぎ、動脈硬化の予防にも期待できるうえ、漢方で有名な朝鮮ニンジンに含まれるジンセノイドと同じ効果があり、滋養強壮効果や、免疫力向上にも効果的。

血液を固める機能を弱める働きがあるので、血行が促進されるので、冷え性で悩んでいる方にはおすすめの成分です。

アンチエイジング・美容効果

ごぼう茶に含まれるポリフェノール「サポニン」は、抗酸化作用を持つ成分で、お肌を老化させる活性酸素の働きを抑えることにより、若々しいお肌を維持してくれます。

活性酸素はシミの原因になったり、肌の潤いやハリに必要なコラーゲンや、エラスチンなども酸化させて、シワができやすくするなど、肌トラブルの原因となるこことが多いので、活性酸素の働きを抑えるサポニンを摂取することで、毎日の美肌作りをサポート。

また、サポニンはごぼうの皮に含まれており、食べるとなると相当苦くてなかなか手を出しづらいもの。その点ごぼう茶は飲みやすく作られているため、サポニンを手軽に摂取できます。

冷え性改善効果

ごぼうの皮に含まれるサポニンは、冷えを取り除く効果を持っています。冷え性の原因の一つに、血液循環の悪化があげられます。血液の悪化は排泄の妨げにもなることから、冷え性と便秘はつながっていることがわかるでしょう。サポニンは血管を拡張させて体中に血液を巡らせてくれるため、冷え症の改善をサポートしてくるのです。

ダイエット効果

ごぼう茶には、サポニンやイヌリンといった脂肪燃焼やコレステロールの吸収を防ぐ成分が多く含まれていますが、 その中でも「サポニン」には脂肪の分解を助けてくれるダイエットサポートにピッタリの成分。

また、もう一つの成分「イヌリン」には体内の余分な水分を吸い取る効果が確認されいるので、気になるむくみを改善し、すっきりとしたボディラインを整えることができます。

日頃飲んでいるコーヒーやお茶をごぼう茶に変えるだけなので、とても簡単に始められるのが魅力。 有名人も実践しているダイエット法で、その方は日常のごぼう茶のほかに30分のウォーキングを日課としていたようです。

便秘解消をサポートする
オススメのお茶一覧

ごぼう茶の飲み方・注意点

健康・美容効果に優れたごぼう茶ですが、適切な飲み方はあるのでしょうか?以下で飲み方をご紹介しています。またどんな人でも飲めるお茶、というわけではありませんので、注意点もあわせてご確認ください。

煮出すのが一番

ごぼう茶に含まれるサポニンを効率よく抽出するなら、やかんで煮出すのがベストです。ぐつぐつと煮出すことにより、多くの成分がお茶の中から抽出されていきます。淹れ方はとても簡単。沸騰させた1リットルの水に対して、ごぼう茶の茶葉を10g(ティースプーン3杯)入れます。そのあと弱火で5分程煮出していけば出来上がりです。アイスで飲む場合は、ごぼう茶の茶葉を2倍入れて濃く煮出し、氷を入れてマドラーで軽く混ぜると完成。蒸らす時間によってごぼう茶の濃淡を調整できるため、お好みの味にすることが可能です。

ごぼう茶アレンジレシピ

どんなにごぼう茶が好きでも、毎日飲み続けるのはむずかしいもの。 そこで、ごぼう茶を飽きずに飲み続けることができるアレンジレシピと、ごぼう茶を作ったら必ず出る出がらしを使ったレシピをリサーチしました。

ごぼう茶ラテ

ごぼう茶を豆乳で煮出す、おいしいごぼう茶ラテを紹介します。

材料

ごぼう茶を煮出す際に、お湯ではなく豆乳を使うのがポイント。

豆乳が苦手な方は、ココナッツシュガーを入れることで牛乳のような味に変わります。 豆乳で煮出したごぼう茶に、バニラエッセンスを加えると完成です。 ココナッツシュガーを多めに入れることで、ミルクティーとして楽しむことも。

ごぼう茶炊き込みご飯

ごぼう茶の出がらしを使ったメニューとしてメジャーな炊き込みご飯です。

材料

ご飯を炊くときに、油抜きした油揚げと合わせ調味料を加えて炊くだけのお手軽メニュー。 出がらしを使う場合は、ごぼうの味が薄くなりがちですが、調味料でしっかり味付けされているので問題ありません。

お手軽きんぴら

おつまみや、晩御飯の一品としてきんぴらはいかがですか。 このメニューのウリは何といっても、「簡単・時短」です。

材料

作り方は、熱した鉄鍋にごま油を回し入れます。次にごぼう茶の出がらしをさっと炒めます。最後に南蛮醤油や辛みを効かせた醤油を加えて、お好みで七味トウガラシなどで辛みをつけて完成です。

今まで捨てていた出がらしを使ったメニューや、飽きが来ないように工夫したラテなどを紹介しました。このほかにもいろいろなメニューがあるようなので、ぜひ調べてみてくださいね。

長期的な摂取はNG

イヌリンを摂り過ぎると腸内にガスを停滞させたり、下痢を招いたりなどの副作用の恐れがあります。イヌリンの働きは栄養の吸収率を落とす側面もあるので、長期的に摂取することはオススメできません。便秘の症状が重たくなったときだけ飲むなど、調整しながら飲むようにしましょう。

妊婦・授乳婦・乳児に対する安全性は確認されていない

ごぼう茶にはカフェインは含まれていないのですが、妊婦・授乳婦・乳児に対する安全性を確証できるデータをまだ持っておりません。医師への相談のうえ、飲むようにしましょう。

ごぼう茶を飲む良いタイミング

ごぼう茶を飲むタイミングに決まりはありませんが、あえていうなら「起床後」と「就寝前」に飲むのが良いでしょう。起床後は、胃の中が空っぽになっているため、栄養素の吸収率が高くなります。就寝前に温かいごぼう茶を飲むと、体がポカポカして血行も促進されていきます。そのため、リラックした状態で眠ることができるでしょう。
また、ごぼう茶を喉が渇いたときに飲んでしまうと、飲みすぎて副作用が起こる恐れがあるので注意しましょう。

ごぼう茶と一緒に摂取すると効果がUPする食べ物は?

便秘に効果のあるごぼう茶だけを飲んでも、便はたまらないと出てきません!ごぼう茶と一緒に摂ると便が出やすくなる食べ物を紹介します。

しいたけやまいたけなどのキノコ類

キノコ類は、不溶性の食物繊維です。大腸粘膜を刺激して、ぜん動運動を高める働きを持っています。胃や腸で水を含んで大きくふくらむため、便のかさが増して出しやすくなります。

こんぶやわかめなどの海藻類

海藻類は水溶性の食物繊維です。水に溶ける性質を持っているので、腸の中で柔らかい便をつくり、老廃物を出しやすくします。食物繊維は腸内細菌の餌となるため、腸内環境が整えられますよ。

バナナ

バナナには食物繊維が豊富に含まれており、善玉菌の餌となるオリゴ糖も含まれています。体の中に潜む悪玉菌を抑え、善玉菌が増えやすい環境づくりを発揮。オススメの摂り方は、ホットバナナです。ホットバナナの甘味とごぼう茶の独特な苦みがマッチします。

りんご

りんごには、アップルペクチンといわれる整腸効果が高い成分を含んでいます。実よりも皮に含まれていることが多いので、皮ごと食べたほうが効果的。アップルペクチンは加熱しても壊れないため、調理をすることも◎。

人気便秘茶を徹底体験!
便秘解消効果の高いお茶飲み比べレポート

アレルギーや副作用の可能性は?

水溶性の食物繊維が豊富に含まれているため、過剰摂取した場合には下痢が発生する可能性があります。また、ごぼうはキク科に属するため、キク科アレルギーを持っている方は避けておきましょう。

キク科アレルギーを持っている方がごぼう茶を摂取した場合には鼻水やくしゃみ、皮膚の発疹、吐き気、むくみなどの症状が現れる可能性があります。キク科アレルギーさえなければごぼう茶を取り入れる上で特に気にしなければならない副作用やアレルギーはないといえるでしょう。 ただ、ごぼうは日常的に大量に取り入れる野菜ではないですよね。そのため、ごぼう茶を過剰摂取した場合には思わぬトラブルに繋がる可能性があります。

便秘茶ランキング

Best3
※全て初回価格

便秘解消に
オススメ!

2位

デルモッティ

成分数
23種類
1,836円

公式サイトへ

1位

モリモリスリム

成分数
24種類
380円

公式サイトへ

3位

デルバラスリム
ビューティ

成分数
21種類
500円

公式サイトへ

PAGE TOP