便秘に効くお茶ランキング HOME » <保存版>便秘改善に効くお茶の種類まとめ » ごぼう茶

ごぼう茶

ごぼう茶とは、ゴボウを煎じて成分を抽出したお茶のこと。さまざまな健康効果を持っていると注目されているお茶です。ゴボウは食物繊維が豊富なことで知られていますが、ビタミンB群やポリフェノールなど食物繊維以外にも注目すべき成分がたくさん入っています。ノンカフェインで飲めるお茶なので、妊婦の方やお子さんでも安心して飲めるのも嬉しいポイントですね。

便秘解消をサポートするごぼう茶の成分とは

健康や美容に敏感な方の間ではすでに人気となっているごぼう茶は、便秘解消効果も持つ優れたお茶。ここではそんなごぼう茶の便秘解消サポート成分をリサーチしました。どんな成分があるのでしょうか?以下にまとめましたのでご覧ください。

イヌリン

ごぼう茶は「イヌリン」という水溶性食物繊維が豊富に含まれているのが特徴です。イヌリンが持つ腸内で水分を吸収して膨らむ性質は、腸を穏やかに刺激して排便を促したり、水分で便を柔らかくしてくれたりと、便秘解消に有効。善玉菌(ビフィズス菌)を増やして腸内環境を整える働きも持っている優秀な成分です。

サポニン

ポリフェノールの一種「サポニン」とは、リラックス効果に優れた成分。自律神経の乱れを整えて大腸の働きを正常化させる働きがあります。また脂肪の蓄積を抑えて腸内環境を整える効果や内臓の働きを活性化させてスムーズな便通を促してくれます。

ごぼう茶がもたらす、その他の嬉しい効果

ごぼう茶には便秘解消だけでなく、体に嬉しいさまざまな効果を期待できます。便秘をはじめとする体の不調は、さまざまな不調の原因がつながりあっています。健康な体づくりを総合的にサポートしてくれる、ごぼう茶の効果をご覧ください。

アンチエイジング・美容効果

ごぼう茶に含まれるポリフェノール「サポニン」は、抗酸化作用を持つ若返り効果抜群の成分。お肌を老化させる活性酸素を除去して、若々しいお肌を維持してくれます。サポニンはごぼうの皮に含まれており、食べるとなると相当苦くてなかなか手を出しづらいもの。その点ごぼう茶は飲みやすく作られているため、サポニンを手軽に摂取できます。

冷え性改善効果

ごぼうの皮に含まれるサポニンは、冷えを取り除く効果を持っています。冷え性の原因の一つに、血液循環の悪化があげられます。血液の悪化は排泄の妨げにもなることから、冷え性と便秘はつながっていることがわかるでしょう。サポニンは血管を拡張させて体中に血液を巡らせてくれるため、冷え症の改善をサポートしてくるのです。

ごぼう茶の飲み方・注意点

健康・美容効果に優れたごぼう茶ですが、適切な飲み方はあるのでしょうか?以下で飲み方をご紹介しています。またどんな人でも飲めるお茶、というわけではありませんので、注意点もあわせてご確認ください。

煮出すのが一番

サポニン成分を多く抽出するには、やかんで煮出す方法がベスト。煮出すことでより多くの成分が茶葉から抽出されます。急須で淹れる場合は、200ccのお湯に対して1.5gのごぼう茶を入れ、30秒~1分程度蒸らしてください。アイスで飲んでも成分は変わらないので、季節や気分に合わせて変えてみるのもアリでしょう。

長期的な摂取はNG

イヌリンを摂り過ぎると腸内にガスを停滞させたり、下痢を招いたりなどの副作用の恐れがあります。イヌリンの働きは栄養の吸収率を落とす側面もあるので、長期的に摂取することはオススメできません。便秘の症状が重たくなったときだけ飲むなど、調整しながら飲むようにしましょう。

妊婦・授乳婦・乳児に対する安全性は確認されていない

ごぼう茶にはカフェインは含まれていないのですが、妊婦・授乳婦・乳児に対する安全性を確証できるデータをまだ持っておりません。医師への相談のうえ、飲むようにしましょう。

アレルギーや副作用の可能性は?

水溶性の食物繊維が豊富に含まれているため、過剰摂取した場合には下痢が発生する可能性があります。また、ごぼうはキク科に属するため、キク科アレルギーを持っている方は避けておきましょう。

キク科アレルギーを持っている方がごぼう茶を摂取した場合には鼻水やくしゃみ、皮膚の発疹、吐き気、むくみなどの症状が現れる可能性があります。キク科アレルギーさえなければごぼう茶を取り入れる上で特に気にしなければならない副作用やアレルギーはないといえるでしょう。 ただ、ごぼうは日常的に大量に取り入れる野菜ではないですよね。そのため、ごぼう茶を過剰摂取した場合には思わぬトラブルに繋がる可能性があります。

本当に便秘に効くお茶はどれ?
安心&安全で人気のお茶ランキング

PAGE TOP