便秘に効くお茶ランキング HOME » <保存版>便秘改善に効くお茶の種類まとめ » 玄米茶

玄米茶

玄米茶とは、煎茶や番茶といった緑茶に、炒った玄米をたっぷりブレンドしたお茶のこと。玄米がブレンドされている分、カフェインの量も少ないため、おやすみ前でも安心して飲めます。緑茶の爽やかな味わいと、玄米の香ばしい風味を、一緒に楽しめるのも魅力。玄米茶には、玄米に含まれるビタミンB群やミネラル類、食物繊維、GABA、フィチンなど、緑茶にはない成分がたくさん入っています。加えて、緑茶の主成分であるカテキンビタミンCも併せて摂ることができます。

便秘解消をサポートする食物繊維

食物繊維(ダイエタリーファイバー)の歴史

身体の健康維持に不可欠だと認知が広がった食物繊維(ダイエタリーファイバー)。効能が認められるまでは、栄養面でのメリットがなく、人の身体内で消化・吸収される性質から必要がないものとされていました。食物繊維が多いと食品を口にしたときの食感が悪く風味も落ちるため、長らくの間、食品加工の工程では、食物繊維を取り除く作業が優先的に行われていたほどです。
そんな食物繊維が注目されるようになったのは、ヨーロッパや日本など、先進国での死因の理由を占めるさまざまな病気や症状の原因が明らかになってからのこと。脳卒中、心臓病、糖尿病、便秘、静脈瘤、胆石などの病気や症状の原因のひとつとして、食物繊維不足が関連しているのでは?と問われるようになってきたのです。

いつから注目されたの?

長らく嫌われ者だった食物繊維が注目されるようになったのは、1930年代。アメリカに拠点を置くシリアル食品の会社が、それまでは取り除かれていた小麦の表皮である小麦ふすまを製品に取り入れ、便秘や大腸炎などの症状・病気をかかえる人に有効だとの結果を得たのです。
ほかに、イギリスなどでも、低脂肪質の食品や食物繊維を多く含む全粒粉の小麦を用いたパンなどが、健康の維持に寄与しているとの研究が発表されるようになりました。その後徐々に、アメリカやイギリス、カナダなどの国々で、食物繊維を多く含く食品が健康食のひとつとして注目されるようになります。

第六の栄養素として認められる

近年は、食物繊維が人の消化に有効な作用を与えることが、排泄などの機能や身体の代謝を高めることにつながり、結果として脳卒中、心臓病、糖尿病などの病気に効果を示すと認められ始めています。食物繊維は、五大栄養素(たんぱく質、炭水化物、ビタミン、脂質、無機質)に次ぐ「第六の栄養素」と呼ばれるほどになったのです。

玄米には便秘解消に必要とされている「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」が多く含まれています。この二つの食物繊維が相乗的な便秘解消効果を発揮。その他にも便秘に良いとされている成分が含まれています。以下にまとめましたのでご覧ください。

玄米茶に含まれる食物繊維

不溶性食物繊維とは?

不溶性食物繊維は、糸状をしたものや表面に多数の穴が開いたものが多く、ぼそっとした食感やざらっとした食感のものがあります。玄米茶にも含まれるこの不溶性食物繊維が、なぜ便秘に効果的なのかご存知ですか?
不溶性食物繊維は、腸に届くと腸の中の余分な水分を含み膨張しながら便と混ざり便を柔らかくする性質を持ちます。水分を吸収しやすいため便の量を増やすことにもつながり、その刺激によって腸の筋肉の蠕動(ぜんどう)運動を促進し、すみやかな便通を促すのです。
ほかに、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる菌のエサになることで、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えながら活発な腸の活動をサポートする役割も持ちます。

水溶性食物繊維とは?

水溶性食物繊維は、粘りを持つものやさらっとした性質のものが多く、昆布やワカメ、サトイモ、大麦、オーツ麦、こんにゃくなどの食品に含まれています。水に溶けやすい性質を持ち、溶けるとジェル状になるのが特徴です。
水溶性食物繊維は、ジェル状になった後も溶けずに胃腸内を移動するため、消化管では吸収されずにそのまま大腸まで届きます。大腸に届いた水溶性食物繊維は、腸を刺激しながら便通を改善。ほかに、糖質の吸収をゆるやかにしたり、血糖値の上昇を抑えたり腸内の善玉菌を増やし腸内環境も整えてくれます。腸内の動きが緩慢になることが原因の弛緩性便秘には、特に効果的とされているんですよ。

フィチン

私たちは、日常生活の中で摂る魚介や加工食品、喫煙、排気ガスなどから、鉛や水銀、アルミニウムなどの有害ミネラルを、知らず知らずのうちに体内に取り込んでいます。フィチンは、玄米の外皮に含まれる成分ですが、鉛や水銀などの有害ミネラルを包みこんで体外へ排出するキレート作用と呼ばれる強い能力を持っているのです。
キレート作用は、美容や健康、アンチエイジングで問題とされることが多い酸化・老化の原因である活性酸素の発生を抑える効果を持ちます。体内に入り込んだ有害ミネラルは、体内に残ると活性酸素化し体内からの老化の原因となりますが、玄米茶に含まれるフィチンのデトックス作用は、美容と健康面での大きなサポートになるのです。
フィチンは、キレート作用のほかに抗がん作用が期待できることも、近年の実験により明らかになってきています。発がん細胞は正常な細胞から発生した異常な細胞ですが、そのがん細胞の発生や生成、増殖を防いだり、がん細胞になってしまった細胞を、正常な細胞のような働きに変化させるなどの、抗がん作用を持っているとされています。乳がんや肝臓がん、大腸がんなどに特に有効だといわれています。

長時間蒸らすのはNG

玄米茶を淹れる際に注意したいのが、30秒間蒸らすということ。それ以上長い時間をかけて蒸らしてしまうと、渋味成分であるタンニンが出てきてしまい、味が台無しになってしまうからです。

使用する水は軟水がおすすめ

玄米茶をいれる際に使用する水は、マグネシウムやカルシウムの量が多い硬水よりも、まろやかで軽い口当たりの軟水がおすすめです。硬水は独特の苦味などがあるため、玄米茶の香りや風味をそこなってしまいます。水道水をよく沸騰させてから利用するか、ミネラルウォーターを購入する場合は、日本で採取された軟水を詰めた製品がおすすめです。

参考:食品中の食物繊維量とその利用 西宗 高弘, 市川 富夫
   Dietary Fiber KEISUKE TSUJI
   繊維質と食物繊維 高橋 陽子
   Review on the Phytic Acid Goro KIMURA

アレルギーや副作用の可能性は?

微量ではありますがカフェインが含まれています。そのため、大量に摂取した場合にはカフェインによる冷えや頭痛を感じることもあるので注意しておきましょう。といっても、一日にほんの2~3杯程度飲むくらいであれば特に心配はいりません。

ただ、食物アレルギーがある方は注意しておかなければなりません。玄米茶は玄米から作られていることからもわかる通り、日本人にとってなじみの深いお茶ではありますが、玄米にアレルギーを持っている方は避けておいたほうが安心できるでしょう。 玄米にアレルギーがあるけれど玄米茶は大丈夫という方もいますが、安全性のことを考えるとおすすめできません。

本当に便秘に効くお茶はどれ?
便秘解消にオススメのお茶ランキング

PAGE TOP