便秘に効くお茶ランキング HOME » <保存版>便秘改善に効くお茶の種類まとめ » 黒豆茶

黒豆茶

おせち料理では長寿や健康を意味しているほど、栄養価が高く、体に良い食材として親しまれている「黒豆」から作られたお茶・黒豆茶。食物繊維やポリフェノール、イソフラボンなど、ここでは書ききれないほど豊富な栄養素を含んでいます。ノンカフェインなので、お子さんや妊婦さんでも安心して飲めるのも“おいしい”ポイントです。

黒豆茶

便秘解消をサポートする黒豆茶の成分とは

「畑の肉」として親しまれる大豆の一種「黒豆」を原料に作られる黒豆茶は、便秘に効くお茶として注目されています。では具体的にどのような成分が便秘解消をサポートしているのでしょうか?効果的な成分をリサーチしました。

食物繊維

黒豆を炒り、煎じて飲む黒豆茶は、食物繊維が豊富

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2つがあります。黒豆に多く含まれるのは不溶性食物繊維で、水分を含むと腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になり、お通じの改善に効果的。

普段の食事の量が少ない、ダイエット中で食事の量を減らしているという人は、慢性的に腸の動きが鈍っている可能性があります。

野菜や豆類などの野菜が不足している人も同じで、そういった人は黒豆茶を飲んだあとに食事を選んだり、煮出したあとの黒豆茶を飲んだりしてみるのがオススメ。便のかさが増して、スッキリできるでしょう。

水溶性食物繊維は文字通り水に溶ける食物繊維なので、水を多く含むことでお通じをスムーズにしてくれます。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の理想の割合は2:1。黒豆は不溶性食物繊維が多いので、理想の食物繊維配合量といえますね。

アントシアニン

黒豆茶に豊富に含まれるポリフェノールの一種「アントシアニン」は、血流を良くする作用があり、便秘の原因にもなる「冷え」を改善したり、腸をはじめとする内臓機能を高めたりもしてくれます。この働きによって根本的な便通改善を促し、スムーズな排便をサポートしてくれるのです。

黒豆茶がもたらす、その他の嬉しい効果

黒豆茶に含まれているさまざまな成分は、便秘解消以外にもさまざまな健康・美容効果を発揮してくれます。ここでは健康茶として注目されている黒豆茶のその他の嬉しい効果をまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

アンチエイジング・美肌効果

アントシアニンはお肌の老化を引き起こす活性酸素を取り除く作用に優れているため、アンチエイジングに効果的。新陳代謝を促す作用も持っているため、お肌のターンオーバーを促して若々しい肌を維持してくれます。ターンオーバーのリズムが整えられることでお肌に溜まった老廃物を体の外へ取り除くことができるため、にきびや毛穴の開きなどの肌トラブルを予防する効果も期待できます。

眼精疲労改善効果

アントシアニンは紫外線をはじめとする強い光から自分を守る働きを持っています。これは強い光によってダメージを受けないためのものです。アントシアニンを摂取することでこの作用が体内でも働き、紫外線に弱い「目」を守ってくれると言われています。さらに血液の循環を良くする効果も持っているため、必要な栄養分を目に届けて疲労回復を促してくれます。

骨粗しょう症予防効果

黒豆茶に含まれるイソフラボンには、加齢によって骨の中のカルシウムが溶け出すことを抑えてくれる効果があると言われ、女性に多い骨粗しょう症の予防に効果的と注目されています。骨粗しょう症は閉経後の女性が発症することの多い病気ですが、これは閉経によって女性ホルモンの「エストロゲン」が減り、カルシウムを骨の中に蓄えることが困難になるから。イソフラボンはエストロゲンと同様の働きを持っていることから、カルシウムを蓄えるためのサポートをエストロゲンに代わって行なってくれると言われているのです。

ダイエット効果

黒豆茶にはダイエット効果も。黒豆に含まれているサポニンが脂肪と糖質が結びつくのを阻止するため、体に脂肪が溜まりにくくします。

肥満の傾向がある成人の男女に行った実験で、大豆サポニンと大豆たんぱくを摂取したら、内臓脂肪が少なくなったという結果も。

黒豆茶にはサポニンとたんぱく質のどちらも含まれているので、ダイエットには最適の飲み物といえるでしょう。

黒豆の色のもとであるアントシアニンもダイエットに効果的な成分です。アントシアニンは強い抗酸化作用を持っているポリフェノールなので、脂肪を燃焼する働きにより、内臓脂肪の蓄積を抑えるサポートをし、さらにコレステロールを体の外に出す作用も期待できます。

冷え性

黒豆茶は、アントシアニン、レシチン、サポニンなどの3つの成分により、血流促進し体をあたためる効果があります。

体を冷えから守りたいときには、夏場でも温かい黒豆茶を飲むようにしましょう。夏でもエアコンや冷たい飲み物によって体は冷えてしまうもの。夏でもできるだけ温かい黒豆茶を飲むことをおすすめです。

PMS対策

黒豆茶には大豆イソフラボンが含まれており、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待されています

女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類。2つの中で注目すべきはエストロゲンで、分泌量が減少する、つまりホルモンバランスが崩れるとPMSになることが分かっています。

PMSとは月経前症候群のことで、生理が始まる2週間前に起こり始める心身のいろいろな不調のことで、なかには日常生活に支障をきたす人もいるほど深刻な症状を抱える人も。

それを救ってくれるのが大豆イソフラボン。大豆イソフラボンは植物性イソフラボンとも呼ばれ、エストロゲンと似たような働きをしてくれるので、PMSをはじめとする不調や病気などの予防に効果を発揮。PMSだけでなく、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる、女性のあらゆる不調改善に役立つといわれています。

集中力UP効果

記憶力や集中力のアップにも効果を発揮する黒豆茶。その効果を発揮する成分がレシチンです。レシチンは人間の細胞の細胞膜を構成する成分で、神経伝達物質であるアセチルコリンの材料にもなっています。

ブレインフードとも呼ばれるレシチンを摂取するとアセチルコリンの分泌量のバランスがよくなり、神経の情報伝達がスムーズに。これが記憶力、集中力のアップにつながるのです。

黒豆茶は黒豆を煮出して作るお茶で、飲み味もスッキリとして苦味はほとんどありません。カフェインも含まれていないため、カフェインを使わずに記憶力、集中力をアップさせたいという人におすすめ。勉強の合間に一息つくためのお茶にピッタリではないでしょうか。

白髪・抜け毛予防

レシチンとイソフラボンは白髪予防や抜け毛予防にも効果を発揮するたのもしい成分。

レシチンは血流を良くする効果を持っているので、頭皮の血行を良くすることにより、発毛をサポートします。頭皮は体の中で細胞分裂が一番活発な部分ですから、細胞の活性化と血流改善を促すレシチンはまさに白髪予防の救世主といえるでしょう。

イソフラボンも抜け毛や薄毛に効果のある成分で、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをします。

エストロゲンが減少すると男性ホルモンの量が上昇し、抜け毛や薄毛の原因となってしまうので、改善するためには女性ホルモンを増加させなければなりませんが、エストロゲンは食べ物や飲み物からの摂取が難しいホルモンであるため、エストロゲンと同様の働きをする大豆イソフラボンを摂ることが必要なのです。

抜け毛や薄毛が気になってきた人は、まずは大豆イソフラボンを摂取してみてください。

便秘解消をサポートする
オススメのお茶一覧

黒豆茶の飲み方・注意点

健康・美容効果バツグンの黒豆茶ですが、適切な飲み方を守らなければ期待している効果も変わってきますので、ぜひ以下にまとめた飲み方を参考にしてみてください。また飲み過ぎによる副作用も懸念されるため、目安となる摂取量を守って飲んでくださいね。

煮出すのが一番

黒豆茶は、熱いお茶か冷たいお茶で入れ方が変わってきます。

熱いお茶をつくる場合、お湯1Lに対して1パックの黒豆茶を入れます。そのあと、弱火で3~5分程度煮出していきます。この時点で色が薄い場合は、もう少し長めに煮出してみるといいでしょう。ポイントは、煮出した後も2~3時間はパックをそのままにすること。味が深まって、よりおいしく仕上がります。

冷たくして飲む場合は、熱いお茶と同じ様につくり、ピッチャーなどに入れ替えて冷めるのを待ちます。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしていきましょう。

急須で淹れる場合は長めに蒸らす

ティーバッグの黒豆茶を急須に入れて熱湯を注いだら、7~8分程度は蒸らしましょう。蒸らす時間が長ければ長いほど、味わい深くなります。茶こしのついた急須をお持ちの方はティーバッグに入った茶葉を茶こしに移したほうが、味や香りが出やすくなるためオススメです。

過剰摂取はNG

黒豆茶の1日の摂取量はコップ1~3杯程度(黒豆70mg相当)。黒豆茶に含まれる食物繊維の過剰摂取は下痢や便秘を悪化させる恐れがあります。とくに下痢気味の方やもともと便秘体質出ない方が飲むと、お腹が緩んだり、痛んだりする可能性が高いため注意してください。またホルモンバランスを整えるイソフラボンも、摂り過ぎることでかえってバランスを乱す恐れがあります。女性の場合は生理不順や生理痛、肌トラブルなどの副作用、男性の場合は性機能の障害の危険性もあるほどです。

便秘解消効果がUPする黒豆茶を飲むタイミング

黒豆茶を飲むタイミングとしては、運動前がオススメです。脂肪分解や脂肪燃焼の効果が高くなるので、何もしないで運動をするよりも脂肪が燃えやすい状態になっています。また、黒豆茶には脂肪の排出を促すサポニンや食物繊維が入っているので、より便秘の改善が期待できます。効果を高めるタイミングは運動前ですが、いつでも飲めるお茶なので、普段飲んでいるお茶や紅茶などとおきかえて飲んでみると良いでしょう。

黒豆茶と一緒に摂取すると便秘解消効果がUPする食べ物は?

黒豆茶は、便秘に効果のあるお茶なのですが、実は便の量を増やさないと便秘の解消にはなりません。 食事のかさを多くしたり、食物繊維を意識して摂ったりすることもポイントです。ここでは、黒豆茶と一緒に摂りたい、便秘改善に効く食べ物をまとめてみました。

プルーン

プルーンの特徴は、2種類の食物繊維をバランスよく含んでいること。便秘解消に効果的といわれる成分、ソルビトールが含まれています。ソルビトールは大腸の水分吸収を抑え、便が硬くなるのを防いでくれます。

りんご

りんごには、アップルペクチンと呼ばれる成分が含まれています。アップルペクチンは整腸効果が高く、小腸で消化されずに大腸まで届く成分。実よりも皮のほうに多く含まれているため、皮ごと食べるのが効果的といえます。加熱しても破壊されないため、調理しても効果があるアップルペクチンを取り入れることが大切です。

キムチや味噌などの発酵食品

発酵食品は、腸内フローラを整え、乳酸菌といった善玉菌を増やして悪玉菌を減らす効果があります。腸内フローラが整うと、便を押し出すぜん動運動が正常になり、便秘解消へのサポートと。

さつまいも

さつまいもは、日本では古くから便秘解消に効果のある食べ物として親しまれています。食物繊維を多く含むさつまいもは、他にもヤラピンやセルロースなど、便秘を解消するのに役立つ成分がたくさん含まれているのでオススメです。

人気便秘茶を徹底体験!
便秘解消効果の高いお茶飲み比べレポート

出がらしも丸ごと食べられる!黒豆茶出がらしアレンジレシピ

黒豆茶を煮出したあとの出がらしはまるごと食べられます。栄養もたっぷり残っているので、捨てずに有効活用しましょう。

黒豆煮

  1. 鍋に黒豆茶2杯分の出がらしを入れ、漬かるくらいの豆を入れます。
  2. しょう油大さじ1、砂糖大さじ1、重曹大さじ1をプラス。アルミホイルで落しぶたをします。
  3. 水分を飛ばすために弱火でコトコトと煮込んでいきましょう。ある程度水分が飛んで豆に味がなじんできたら完成です。

黒豆きな粉もち

  1. レンジでおもちを温めてやわらかくします。
  2. ①をすり鉢でついたあと、黒豆の出がらしを投入。
  3. 食べやすい形に丸めたあと、器に盛りつけて完成。

好みできな粉、砂糖、残った出がらしの黒豆を添えると、より和風の可愛らしいデザートになります。

アレルギーや副作用の可能性は?

黒豆茶には大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似たような働きをすることもあり、大量に取りすぎてしまうと生理不順に繋がったり、生理痛が悪化する恐れがあるので気をつけておかなければなりません。一日にコップ2~3杯程度であれば問題ないでしょう。ただ、妊娠している方は控えた方が安全です。

日本人はお味噌汁や納豆など日常の食生活の中でも大豆イソフラボンを含む食材を取り入れることが多いため、これらに加えてたくさん黒豆茶を飲むと大豆イソフラボンの過剰摂取に繋がる恐れもあるので、大豆製品をたくさん取り入れている方は飲み過ぎないよう注意しましょう。

便秘茶ランキング

Best3
※全て初回価格

便秘解消に
オススメ!

2位

デルモッティ

成分数
23種類
1,836円

公式サイトへ

1位

モリモリスリム

成分数
24種類
380円

公式サイトへ

3位

デルバラスリム
ビューティ

成分数
21種類
500円

公式サイトへ

PAGE TOP